なんこう歯科クリニック

ご予約・お問合せ
tel.072-931-9596

なんこう歯科クリニック

アク
セス

電話

WEB
予約

診療室

インプラント

Implant

MEDICAL インプラント治療について

インプラント治療についてする図

虫歯や歯周病などで自分の歯を失ってしまった場合や、生まれつき永久歯が欠損している場合に、歯槽骨(顎骨)にチタンという金属でできたフィクスチャー(ネジ)を埋め込んで、そのネジを土台にしてアバットメント(連結部)、および上部構造(人工歯)を装着する治療法です。

1本の歯を喪失したケースから、全ての歯を喪失したケースまで適用可能です。インプラントは歯槽骨に直接結合しているため、天然歯とほとんど変わらない感覚で物を噛むことができ、会話も楽しむことができます。

また、インプラントは入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、自分自身の残っている歯に余分な負荷がかからないため、残りの歯を長くもたせることができます。

MEDICAL 他の治療法(ブリッジ・入れ歯)との違い

インプラント インプラント
治療法

欠損歯の歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む固定式の治療法です。

メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・天然歯に近い感覚で噛める
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
  • ・外科処置が必要になる(健康状態によってはできないこともある)
ブリッジ ブリッジ
治療法

欠損歯の両隣在歯を削って、そこに橋を渡すように人工歯をかぶせる固定式の治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費を抑えられる(一部保険適応外もあります)
  • ・天然歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・支台歯の負担が大きくなり、予後が悪い
部分入れ歯(部分床義歯) 部分入れ歯
(部分床義歯)
治療法

欠損歯の隣在歯に金属などのクラスプ(ばね)をひっかけて持たせる可撤式の治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる(一部保険適応外もあります)
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・持たせているばねが目立ち、審美性が悪い
  • ・可撤式のため、装着時や機能時に違和感があることが多い
  • ・鉤歯(クラスプのかかっている歯)の負担が大きくなり、予後が悪い
総入れ歯(全部床義歯) 総入れ歯
(全部床義歯)
治療法

歯が一本も残っていない場合に、プラスチックでできた人工歯肉と歯を歯肉に吸着する可撤式の治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる(一部保険適応外もあります)
デメリット
  • ・歯肉が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要になることがある
  • ・可撤式のため、装着時や機能時に違和感があることが多い

MEDICAL インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術が必要であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。全身の健康状態が良好でない場合は、インプラント治療を受けることはできません。
局所的な治療の条件としては、インプラント埋入予定部位に骨があることです。骨が足りない場合は、GBR、スプリットクレフト、ソケットリフトなどの骨造成術を行う必要があります。抜歯後の治癒したときに骨が足りなくなると予想される場合は、抜歯と同時に骨保存法(ソケットプリザベーションなど)を行い、インプラント埋入を容易にすることもできます。

治療後については、毎日の自宅でのケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスが重要です。

MEDICAL 当医院のインプラント治療の特徴

当医院ではオペ室を完備しており、クリーンな環境でインプラントオペを実施できます。インプラント治療に欠かせないCTも設備していますので、術前の診査・診断から術後の確認も行うことができます。また、骨造成の機材等も備えていますので、インプラントの難症例も当医院で行うことができます。

インプラントは全世界でトップシェアを誇る、信頼と伝統と実績のあるストローマン社製インプラントを使用しています。ストローマン社製インプラントは数あるインプラントメーカーの中でも非常に高い成功率が報告されています。 上部構造は機能性と審美性を考え、最適なものを選択し、セメント固定またはスクリュー固定で装着します。

治療後は、歯科医師と歯科衛生士によるメンテナンスも定期的に受診していただき、インプラントを含めた口腔内の永続性を高めることで、患者様の健康をサポートさせていただいています。

MEDICAL インプラント治療の流れ

01.資料どり(精密検査)

歯、歯肉、歯槽骨、顎関節、かみ合わせなどの検査を行い、顎口腔系のトータル的な診査・診断を行い、問題点を抽出し、治療計画を立案します。

02.カウンセリング

精密検査より分析した情報を患者様へ説明します。ここで患者様に治療の同意を得てから、治療に移ります。

03.初期治療

虫歯や歯周病、根管治療などの治療をまず先に行います。

04.インプラント埋入

インプラント体(フィクスチャー)を顎骨に埋入します。インプラントと骨が結合するまで一定期間待ちます。

05.上部構造(人工歯)の装着

インプラントが顎骨と結合したことを確認し、アバットメント(連結部)を取り付け、仮歯で咬合や審美性をチェックした後、上部構造(人工歯)を装着します。

06.メンテナンス

自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要になります。

資料どり(精密検査) ¥30,000
インプラント埋入(1本) ¥200,000
アバットメント(1本) ¥50,000
上部構造 ジルコニア(1歯) ¥100,000
上部構造 メタルボンド(1歯) ¥100,000
上部構造 ゴールドクラウン(1歯) ¥80,000
上部構造 金銀パラジウム合金(1歯) ¥60,000
ガイド作成(1~4本) ¥50,000
ガイド作成(5本以上) ¥100,000
GBR(1本) ¥60,000
ソケットリフト(1本) ¥60,000
スプリットクレフト(1本) ¥60,000
抜歯即時埋入 ¥60,000
ソケットプリザベーション ¥60,000
FGG ¥30,000
CTG ¥30,000

※TEK(仮歯)は補綴に含みます
※税抜き